ロイ・ブキャナン

 ロイ・ブキャナンはロックギタリストの中では別格の存在で、エリッククラプトンやジェフベックらに尊敬されていたギタリストです。 クラプトンは、海賊盤
も含めてロイ・ブキャナンがこれまでにレコーディングしてきたレコードやテープをほとんど持っているそうです。 彼はテレキャスターについてはすべてを
知り尽くしているとも言える名人で、
ピッキングハーモニクス奏法に代表されるように、ロックギターの中ではブキャナン的スタイルを確立した存在の
うちの一人です。   ロイ・ブキャナンのサウンドルーツはカントリーとブルースで、彼のアルバムの中のどの曲も彼の人柄が伝わってくるような暖かみの
あるような音です。  聞き物はなんといっても「TheMessiahWillComeAgain/メシアが再び」です。ここで得意の
ピッキングハーモニクス奏法が聴
けます。この1曲だけでもこのアルバムを買う価値はあります。  このように素晴らしいギタリストだったのですのが、刑務所での自殺という信じられない
あまりに哀しい結末での他界となりました。  

*ギターはテレキャスター53年型Aモデル・弦はフェンダーのロックンロールストリングス・アンプは2個の10インチスピーカーを持ったフェンダーの
Vibroluxを使用。




                      




ラグタイムブルース


● ギター  ● スキー


● 自動車  ● バイク


● 海釣り ● ひとりごと


●プロフィール


● お勧めリンク








e-mail