ビック・ビル・ブルーンズィー1893〜1958)

1920年代から1950年代まで活躍

モノトニック・ベース奏法(力強くピッキングしたベース音をかなりハードにミュートすること
によって、非常にパーカッシブなサウンドを作り出す奏法)が特徴的。ステファン・グロスマ
ンは、彼の
この曲の演奏を聴いたことがきっかけでブルースギターを本気で始めることに
なったほど魅力的なギターリスト。
エリック・クラプトンも1992年の「アンプラグド」のアルバ
ムで取り上げている曲。
 

このページのバックグランド演奏のギターは、Takamine PT108-6を使用しまし
た。

Big Bill Broonzy

曲目 : Hey Hey


                     







ラグタイムブルース




● ギター  ● スキー




● 自動車  ● バイク




● 海釣り ● ひとりごと




●プロフィール




● お勧めリンク
















e-mail