デュアン・オールマン

1947年12月8日、テネシー州ナッシュビル生まれ。12才の頃、兄
のグレッグからギターを教わり熱中するようになる。はじめて人前で演
奏したのは13か14のとき、YMCAのステージ。演奏したのはハンク・
バラードやチャック・ベリーの曲だったという。

 1966年のオールマン・ジョイズ、1967年のアワー・グラスを経て、
1968年にオールマン・ブラザーズ・バンドを結成した。1971年の「フ
ィルモア・イースト・ライヴ」などで人気を得たが、同年10月29日、ジョ
ージア州メイコンでオートバイ事故により、25才の誕生日をを待たずし
てこの世を去った。「スカイ・ドッグ」と異名を取ったデュアンのスライド
ギターは、多くの人を魅了して止まなかった。それにしても、あまりにも
早過ぎる「天才」の死であった。

 サザン・ロックの雄、オールマン・ブラザーズ・バンドのリーダー兼リード・ギタリストとして知られたデュアン・オールマン。酒ビンの首の部分を
手の薬指
にはめ、フレットの上を滑らせ、人声のヴィブラートのような音を出すブルースの伝統的奏法、スライド・ギターの名手である。大ナタで薪を
割ったごとくザックリとした感触の、引き摺るような音色のスライド・プレイは多くの人々に衝撃を与えた。意外かと思われるが、彼がスライドを弾くき
っかけとなったのはブルースではなく、ジェフ・べックやジェシ・エド・デイヴィスなどのロック・アーティストを聴いてからだという。伝統に、ロックならで
はのフル・ヴォリュームなエレクトリック感覚を加えた豪快な奏法で、ミュージック・シーンに革命を起こしたのだ。その名演の数々はオールマン・ブ
ラザーズ・バンドの作品で聴くことができるが、デュアンのセッション・マンとしての演奏も必聴。いまやロック・スタンダードとなったデレク&ザ・ドミノ
スの「レイラ」やボズ・スキャッグスの「ローン・ミー・ア・ダイム」、ウィルソン・ピケットの「ヘイ・ジュード」
といった作品では、ギターがなかったら曲が
成立しないほど、彼の存在は重きをなしている。脇役のはずが、主役になってしまう彼の凄みが感じられるだろう。71年にオートバイ事故で死亡。
なんと24歳という若さだった。




                       




ラグタイムブルース


● ギター  ● スキー


● 自動車  ● バイク


● 海釣り ● ひとりごと


●プロフィール


● お勧めリンク








e-mail